これだけで見やすくなる!抑えておきたいホームページのデザイン ?>

これだけで見やすくなる!抑えておきたいホームページのデザイン

まずは、レイアウトを考えよう

ホームページのデザインを考える上で、第一印象はとても大切です。たとえば、びっしりと文字のみが記載されているホームページは見ているだけでも疲れてしまいますよね。効率よく写真などを使用して、すっきりと並べてみましょう。この時に、そろえられるものはすべてそろえて、理路整然としたイメージとすることが大切です。写真をばらばらに配置するのではなく、綺麗に並ぶように整理整頓することを心がけましょう。写真の大きさも揃えた方が見栄えがグンと良くなりますよ。

全体の構成をわかりやすくする

ホームページには、ハイパーリンク機能があります。あるボタンを押すと別のページが表示されるという機能です。しかし、ハイパーリンク先にさらにハイパーリンクがあると、一度見たページをもう一度見たいと思っても、どうやってそのページを表示させたのかわからなくなってしまい、見にくいホームページとなってしまいます。そのため、ホームページの構造は極力シンプルなものにしてあげる必要があります。もし複雑になってしまうようであれば、どの情報がどこに記載されているかを示した「サイトマップ」などをつけてあげると良いかもしれませんね。

関連情報はまとめて、極力ページ数を減らそう!

ハイパーリンクという機能は便利な機能なので、ちょっとした情報でもわざわざ一つのページを作ってリンクをつけてしまいがちです。ホームページを作った人にとっては、ページの数が増えて喜びを感じるかもしれませんが、見る立場となって考えてみると、いちいちハイパーリンクで飛ぶのは面倒に感じてしまうものです。極力怖じカテゴリーの情報は一つのページにまとめて、ハイパーリンクの数を減らしてみるのも効果的です。ホームページの構造は、見る人の立場に立って考えるとうまくいくものです。

レスポンシブデザインとは、パソコン・スマートフォン・タブレットなど画面比の異なるブラウザに対し、それぞれに最適なレイアウトや文字の大きさを表示させて視認性を上げる、Webサイト制作の一手法です。


Comments are closed.