WEB制作は素人の人間も可能か?どれだけ勉強するのかまとめてみました ?>

WEB制作は素人の人間も可能か?どれだけ勉強するのかまとめてみました

WEB制作に必要な物とは

WEBでサイトを開設したい。WEBでゲームを公開してみたい。そういった時ネックになるのがWEB開発への必要な知識です。パソコン関係というと、ついつい難しくとらえてしまい、初心者は嫌煙しがちです。ですが、今のインターネットでは最低サーバーさえあればWEBサイトを開発することは可能です。意外でしょうか。他の知識というのは「サイトを良くしたい」という場合に必要なだけであって、レンタルサーバーを借りられればWEBサイトは初心者でも持ててしまうのです。

最悪覚えておくべきもの

ですがWEBサイトを運営していくにあたって最低限覚えてほしいものがあります。それがHTMLとCSSです。HTMLとはいわゆる文字や画像の配置場所を指定するもので、CSSとはその配置したものをどのように映し出すかを指示するものだと考えてください。この部分は多くの企業が自動的にやってくれるソフトウェアを開発しています。ですが、同時にバグを起こすと初心者は対応できない、というデメリットもあるのです。なので最低限この2つを『読める』程度には勉強しておきましょう。

WEBサイトで重要なのはアクセスを集めること

WEBを開発するにあたって必要な知識はHTMLとCSSだけだと、分かりました。もちろん流動的な物を作りたい場合はPHPやJavaScriptといったものも必要ですが、多用することは少ないので最悪外注でも十分です。それよりもっと重要なことは『アクセス集め』になります。特にSEOと呼ばれる「検索エンジンに乗せる技術」は重要です。年々検索エンジンを管理するグーグルなどは、そのSEOに対して対策を練るため、その時代に合った技術を学ぶ必要があります。これは毎年書籍を買って勉強するしかないでしょう。

ワードプレスを使っているweb制作会社なら、低予算でデザインの良い、人も集まるホームページを作ることができます。


Comments are closed.