逆の発想から考えて見る!オシャレなホームページの作り方とは ?>

逆の発想から考えて見る!オシャレなホームページの作り方とは

オシャレがほとんど見受けない辞書の様なホームページ

辞書の目的は、情報を伝えるだけの役割がありますよね。何かしらのデザインを施すよりは、その場所に対して情報を入れた方が効果的です。辞書の様な文字ばかりのコンテツは、オシャレとは言い難いですよね。特に辞書とは、文字同士の隙間を極力短くしている事もよくあります。つまり、オシャレを求めるのであれば、間を意識する事も大切ですよ。圧迫感を与えないデザインを心がける事がポイントです。ただし、あまりにも間を空けすぎるデザインは、辞書と反対の中身が薄いコンテツとして判断される可能性もありますよね。常に、バランスを意識する事も大切ですよ。

オシャレには二つの相反するデザインが存在する

オシャレでは無い姿に、普段から見慣れている何気のない姿がありますよね。その様な普段から見ている姿に対して、特徴が現れる事によってオシャレだと感じる事もあります。ホームページも同じく、普段と違った姿が現れる事によってオシャレだと感じさせる事も出来ますよ。このオシャレとは、普段見慣れた姿よりも、シンプルに見える姿とゴージャスなデザインの相反するデザインがあります。選ぶ基準は、競合となるホームページを参考にして見る事です。違ったデザインが差を作り出し、競合サイトよりも引き立て易くなりますよね。

意外性の姿が、人の意識を高めてくれる

普段見慣れた姿は、安全な姿として特に意識を高める事はありません。普段見慣れた姿に対して、変化がある事で意識を高める生理反応を引き起こすのです。例えば、空から降ってくる雨が、舐める飴が降りだしたら驚いてしまいますよね。ホームページにおけるオシャレも同じく、今まで見た事の無い姿から意識が高まり、オシャレだと感じる事もありますよ。ホームページではありませんが、コンビニなどで新しい商品開発が常に行われるのは、この生理反応を意識しての事なのです。逆に言えば、同じデザインを長く続けていけば、当初オシャレであってもオシャレで無くなる可能性も秘めていますよね。文章を大きく変えると、検索エンジンに悪い影響を与える可能性もあり、画像によって変える事が出来るデザインを考える事もポイントです。

ホームページ作成をするためにはまずはHTMLと言う言語を使ってホームページのデータを作成する必要があります。


Comments are closed.