ネットで過激な誹謗中傷をされた時は、弁護士を頼ろう! ?>

ネットで過激な誹謗中傷をされた時は、弁護士を頼ろう!

一般人でも誹謗中傷される時代になりました

インターネットが普及した現代では、個人ホームページやSNSのアカウントを持つ人が多く、一般人にもスポットライトが当たるようになりました。それゆえ、一般人がいわれもない誹謗中傷を受ける機会も、少なくはありません。誹謗中傷とは公共の場において根拠の無い虚偽の情報をばら撒き、該当者の名誉を毀損することを指します。もしもあなたが匿名掲示板などで嘘の悪口を言いふらされたとしたら、立派な中傷行為とみなしても良いでしょう。

しつこい誹謗中傷の主には情報開示請求をしよう!

誰かわからない相手に誹謗中傷に値する書き込みをされたり、悪辣なメッセージを送信され続けたら、おもいきって弁護士をやとって「発信者の情報開示請求」をプロバイダーに送りつけるのもひとつの手です。その場合、10万から30万程の費用が掛かってしまいます。ちょっとした悪口の場合に大金を払うのは馬鹿馬鹿しいと思うでしょうが、私生活に支障をきたすほどの虚偽の情報をばら撒かれたならば、弁護士をたてて正々堂々と戦うのも良いでしょう。

誹謗中傷専門の業者や弁護士もいます

誹謗中傷の主へ何か法的な対策をとりたくても、法律について詳しくないのは当たり前です。まずは誹謗中傷を専門的に取り扱っている業者や弁護士に相談してみるのが一番の近道です。弁護士を探す場合は、ネットにある法律事務所紹介サイトを利用してみると良いでしょう。利用料を300円程度支払えば、有力な弁護士を紹介してくれるサイトがいくつもあります。もしも過激な誹謗中傷をされてしまったら、諦めずに法的な対策をとりましょう。

ネットではありもしない情報から炎上を起こしたり叩かれる場合がありますが、誹謗中傷対策をするには誤った情報を完全に削除するしか道はありません。


Comments are closed.