インターネット上の効果的な中傷対策について ?>

インターネット上の効果的な中傷対策について

ネット上で個人情報は控えましょう

インターネットを通しての誹謗中傷対策は、まず自分自身の大切な個人情報を書き込まないことが必要です。「どの場所に行ったなど、一個人を断定される危険性のある基本的な情報を書き込むのは出来る限り控え、目的地や住所は分からないようにしましょう。細部にわたって住所などを書くと、何かおこった際に個人特定され、インターネットを通して炎上することがあり得ます。インターネットに書き込みを行なう時はプライベート情報を記入しないようにしましょう。

書き込む場合は十分注意しましょう

また、インターネットに投稿するケースでは内容をしっかりと気を付けることです。このところ、軽はずみの言葉がインターネット上に拡大し、非難を浴びるという事がかなり発生しています。インターネットに記入する前にひとまず中身を確認し、大丈夫かどうか確かめた上で記すように気を付ける必要があります。マナーであるとかモラルを守るといった面からも重要な事です。誹謗中傷の被害に遭うことがないためにも、記入する文章に留意して発信するように気を付けましょう。

早めに削除依頼を出しましょう

さらに、重要なことは掲示板の運営している人に削除依頼するということです。誹謗中傷が継続するというようなケースでは、個人であったり大勢の人たちに被害が行き渡る可能性があります。したがって、出来るかぎり早く運営者に削除してもらいましょう。応対が遅くなってしまうとその分だけ被害も広がっていき、あとになって押さえるのにたくさんの時間がかかります。誹謗中傷の被害を受けた場合には確実に立ち回るように意識しましょう。早目の削除依頼および冷静沈着な行動が中傷に対抗する為の対策といえます。

ネット誹謗中傷は一度書かれてしまうと中々削除するのが難しいですが、その書き込みをネットポリスという所に通報する事で強く注意する事が出来るのでお勧めです。


Comments are closed.